沖縄転勤

沖縄転勤になりました。
言い渡されたのは3/27の夕方、そして4/1付でなるべく早く行って欲しいとのこと。

急すぎて、正直心がついていかなかった。沖縄なんて行きたくない。
実は、11月頃より仕事がまるで出来なくなっていた。
精神的なものだろうと思う。それまでくるくる回せていたのが嘘のように、思考能力の低下、記憶力の低下、無興味と無関心、あらゆることがどうでも良くなるという不思議な思考回路。
そんな状態で12月、1月とさらに悪化を辿り、1月後半から2月にかけてはたびたび会社を休むようになっていた。朝、起きられないのだ。どうしても会社に行く準備が出来ないのだ。ずっとベッドに沈み込んでいたい。だから体調不良といって、朝に上司に電話連絡を入れてひたすら眠っていた。
現実から逃げるように、ベッドの中、何も考えないように楽しげな動画をiPhoneで観ながら寝ていた。

けれど社長、役員、上司を前にそんなこと言えるはずもない。
転勤命令は絶対だ。断るどころか嫌気を少しでも見せることすら前代未聞だろう。私はそう思った。
だから、「頑張ります。ありがとうございます。」そう言って頭を下げた。

4月に入り、賃貸探しや引越しのやることリストをネットで調べるうち、涙が出てきた。
私は急かされるように、強迫観念のように、時は待ってはくれずやるしかないから行動を起こし続けた。
追われるように物件探しのために一度目の来沖、3泊4日。
家探しと理由付けて2日間、合間に途方に暮れて那覇の街をさまよっていた。
土日、実際に仕事に立ち会ってみても、まるで頭が働かない。抜け殻のようだった。

借りる部屋がなんとか決まり、引越しのために一度横浜へ帰って来る。
そこからの引越し準備の追い込み期間はまるで身体が動かなかった。
一人暮らししている家のすぐ近くに住んでいる両親が、それぞれ休みを取って手伝いに来てくれた。私は大して働くことが出来ないでいた。くるくると片付けたり掃除してくれたりする両親を横目に、私はなんて情けないのだろうと思う。ちっとも自立出来ていない、親離れ出来ていない。いつかたった一人になった時に一体どうするのだろう。親なしには生きていけない私じゃないのか。

私は弱いな。弱いというより、何も考えずに生きてきた。
実家のすぐ近くに4年も住んでいたのは、あれは単に、ぐうたらで寝て自由に過ごしても何も言われない環境を得てたいがためでしかなかったよ。
自立できていない、一人きりで解決し、生きていく術を全然分かれていない。何も築いてきていない。情けない自分。
そういった、人生の根本的な問題点を自覚してしまった。この壮絶な不安感を拭える術を今の私には思いつかない。

とりあえず4/13、完全に沖縄に来てしまった。
どうにかこなせるとも思えない。でも生きるしかない。
ダメだったら帰ろう。
待っていてくれる、その両親の温かい言葉、愛が、私にはとても悲しいほどにつらくて泣きたいほどに嬉しいのだ。




[PR]

# by kzm83 | 2017-04-13 23:58 | 仕事の話

『マッピー』用ボーダー

好調の波

ほらね?
5月終わり頃に書きましたが、やはりおおよそ3ヶ月周期くらいで好不調の波が移り変わるんですよ。
7月中頃くらいからとても調子が良い私です。

主に今の私の生活の大半を占めているのが「仕事」ですから、その仕事がノリにノッてくると、休日の過ごし方も少し変わってきます。
休日イコール身体と精神をひたすら休める日、待ってました…! というものから、時間に縛られずにフリーに過ごせる日、という認識に変わるのです。
3月の期末頃には、休みともなればベッドに潜り込んでうだうだしていたのがウソのようです。ちゃんと部屋掃除や片付けをするようにもなります。笑

仕事がうまく回っていること、自信と誇りを持てていることと
それとは別に「楽しみ」を少し先にちゃんと置いてあること
この2つが大切なのかなと思います。


これまで自分としては結構頑張ってきたと思っているので、ご褒美です。

明日(日付としては既に今日だが)は1日前倒しで有給取って、6日間南国の島にバカンスに行ってきます。
今年の海外はアクティブでなく、のーんびりと。リラックスしに。
[PR]

# by kzm83 | 2016-08-10 01:47 | 日記

『マッピー』用ボーダー

ドラマを観ている

最近はシーズンごとに2つくらいはドラマを観るようにしています。

ストーリーとキャスト陣からして「これは面白い間違いない!」とあらかじめ目をつけていたものや
既に1・2話が終わってしまった後に、人から「これ面白いよ!」と絶賛されたものについては、すぐにネットで探して頑張って追いつきにいったりして。
録画ですけど毎週何かしら観ています。その方が一週間に多少の活力が生まれるのでね。(笑)


北川景子の『家売るオンナ』を観ています。
私に売れない家はない!と豪語する、ツンツン愛想なしだけど美人、凄腕の不動産営業ウーマンのお話。

これをもし“知らない”目で観ていたら
なんか不動産屋さんの職場っておもしろそうじゃん!?家って案外わりと簡単に売れるんじゃん?いろんな物件観に行けて楽しそう。こういう仕事なんだー。とか思うのかもしれませんね。
私が『リーガルハイ』や『99.9』を観て、弁護士という仕事ってなんか楽しそうだな!と思うのと同じようなもんでしょう。
実際に弁護士の友人に聞いたら、「全然そんなことない…大変(笑)」と言われたけれど。

ドラマの世界は、夢があって楽しそうに映るから良いですね。
私は営業でなくて戸建ての設計士ですが、まあ一応不動産業界ではあるので、それをテーマに取り上げてもらえていると少し嬉しく思ったりもします。


『HOPE』も観ています。
夢追いを諦めた高卒でバイトしかしたことない冴えない男子が、常務のコネで、高学歴同期に混じって大手貿易商社に入社する、とかいう時代的にはちょっと古いな…現実的ではないかな?というお話。

自分は、大きなビルのたったひとつの窓の光でしかないのだけれど
それらの光がたくさん集まって社会を支えている、というようなくだりがベタだけど結構好きでした。
誰もが何かを護るために必死で戦っていて、だからスーツは戦闘服で。

私もたまに、ああ…自分は今戦ってるな… とふと感じることがあります。
落ち込んで頭を抱えたくなりながら、車に乗り込み帰路に着く自分を、そういうドラマによくあるワンシーンの主人公のように客観視してみれたりとか。まあ、そういう時はたいてい、良い感じの曲がカーラジオでかかっているからなわけですが。

けれどそうやって戦っていることは、確かな誇りであって
自分がこの社会に生きている証を刻んでいる、という実感を得ます。


さてもうひとつは『そして、誰もいなくなった』
藤原竜也が主演だから間違いないだろう。そして案の定のハズレなし、面白そうなファンタジックストーリーです。
個人ごとに割り振られた番号によって、個人情報や何もかもを完璧に管理された社会で、だからこそシステムの裏をつき、番号を書き換えたり削除したりすれば、赤の他人に成り代わることができるというお話。

これは近年広まったマイナンバーを思わずにはいられませんね。

タイトルは忘れましたが何かの本で
高度医療経済社会、個人情報どころか健康状態までもが個体番号に登録され、政府によって管理され、健康エラーを決して起こさぬよう日々支配されているというようなお話。
架空のSFだと思っていたけれど、そういう世界に徐々に近づいてきているのかもしれないですね。
……なんてね?
[PR]

# by kzm83 | 2016-07-26 23:22 | 日記

『マッピー』用ボーダー

リゾート

20代後半になってから、友達や同僚…と何度か結婚式にお呼ばれしてきて
横浜や都内のホテル会場、そしてスタイルも洋風に和風と色々見てきたけれど
それぞれは確かに素晴らしい結婚式ではあったんですが
「じゃあ自分もこういう式を挙げたいか?」と考えてみると、ぶっちゃけまったくもって惹かれないんですよね。

友達や会社の上司・同僚、付き合いのある人達をあれこれ呼んで、少々良いコース料理を大勢分用意して、披露宴で馴れ初め写真だのムービーだのを垂れ流して、二次会では新婦新郎の惚気クイズで騒ぐ、というやつね?
少なくとも私はやりたくない!笑


こういうのって価値観かなと思うんですが
同じ金額をかけるとするなら、家族や内輪でこじんまりと人数をしぼって、海外のリゾート地で結婚式を執り行う方が数倍も魅力的だと思っています。
要するに、1人あたりの単価を上げた方が良いという話。

f0227509_21432428.jpg

この夏休みに行くプーケットで泊まるリゾートホテルのサイトを見ていたら
こんなに素敵なウェディング会場の写真がありました。
……あ、夏は別に結婚式関係でプーケットへ行くわけではありませんがね。
なんてことはない、のーんびり休暇目的ですよ。

私はこういう異世界感にこそ惹かれます!!


我々は日本に住んでいるわけで
距離的にどうしても、憧れのヨーロッパへ気軽に行けたもんじゃないのは……それはもう生まれた国がそうなんだから諦めるしかないという話ですが
それにしても、近場のアジアのリゾート地だってとても素敵じゃないか!!?という魅力に最近気付き始めてきました。
「う~んアジアか…。」と少し思ってたところがあったけど、なかなかどうして捨てたもんじゃなさそうだ。

出国まであと1か月を切りました。楽しみです!!!
[PR]

# by kzm83 | 2016-07-14 21:59 | 他愛ない話

『マッピー』用ボーダー

まだ見ぬ世界へ

f0227509_23431527.jpg

今度の夏休みは6日間、こういう世界に浸かってこようと思っています。
とあるアジアの南国リゾート島です。
ヨーホー。俺達気侭な海賊さ。

先週くらいに話し合って日程と場所を決め、その足で近くの旅行代理店へ。
時期的にぎりぎりだったけれど、なんとか航空券とホテルを確保することができました。
あと1か月半くらいか。とても待ち遠しいです。

それまで仕事を頑張りましょう。
[PR]

# by kzm83 | 2016-06-21 23:47 | 他愛ない話

『マッピー』用ボーダー